横須賀市・三浦市・葉山町・ 逗子市・ 鎌倉市・ 藤沢市 ・横浜市の自動車板金塗装修理工場

ゴルフ内装ベタベタ修理。

2011年3月11日

ヨーロッパの車は、古くなると内装がベタベタする車が多いです。

 

特にイタリア車に多い傾向のようですが、高級感を出すためにレザー調のプラパーツに、
コーティングをしたのが良くないようで、それが古くなってべた付くようです。

 

でこのコーティング、何も古い車だけじゃなく最近じゃ新しいゴルフの内装もベタベタして、
お困りのオーナーさんが続出しているそうです。

 

今日のオーナーさんのゴルフの内装も、見るも無残にベタベタになっておりました。

 

このゴルフの内装のコーティングは、日本向けの車だけに限られているそうです。やはり高級感を出すために上から柔らかさを出す感じのコーティングをしてあり、それが粗悪のために見るも無残な内装となってしまうそうです。

 

特に夏の暑い時期は最悪、だって、暑いんだもん、、、溶けちゃうんだって(笑

img_20110301t175908796

日本人向けは、高級感を出さないと売れないらしい。

冗談ともかく「コレでは乗っていられない」と言うので、新たにべたつかないコーティング施工することにしました。

 

ほんとに酷いですね。「べったべた」と言うか解けてプチプチ剥がれてきます。

img_20110301t175910500

 

センターコンソールが一番酷いかも。

img_20110301t175912968

 

img_20110301t175912343

 

img_20110301t175914343

 

各部コーティング(ペイント)

img_20110301t175916031

 

センターコンソールは塗り分けます。

img_20110301t175916718

 

コチラインパネサイド。

img_20110301t175918000

 

取り付けて終わりになります。それ以来何事もありませんです。

img_20110301t175919390