横須賀市・三浦市・葉山町・ 逗子市・ 鎌倉市・ 藤沢市 ・横浜市の自動車板金塗装修理工場

TOYOTA MR-S ダクト加工。

2017年1月21日

トヨタの代表的2シーター車、MR-Sのリヤフェンダーカスタムのご依頼を頂きました。

純正のスチール製フェンダーからFRPのフェンダーへスワップいたします。

 

&スーパーチャージャーインストールへ向けてのダクトの加工&スムージングも同時進行。FRPのちょいと難しい加工ですのでワタクシビルダーコウノも手応えを感じたプロジェクトであります。

 

そしてスーパーチャージャー搭載のため吸気ホースをエンジンエアークリーナー吸気口まで持って行くと言う付帯作業(これもナカナカ手応えが 笑)も行いました。

 

フロントからの勇姿。

カスタムパーツをかなりインストールされております。どの角度から撮影してもかなりイケてます。

コチラのリヤフェンダーを取り替えていこうと思います。

 

サイドに張り出るMR-S特有の吸気口もパテ埋めにてスッキリとさせちゃいます。

コチラ吸いっ放しではなくエンジン部まで平板を加工し、もれなく空気を誘導するダクトもインナーに設置いたします。

 

かなりの冷却効果が期待されますね。

1

 

側面からの純正フェンダー。

これがどうなるか?

2016-11-26 11.14.35

 

サイドダクトとドアの隙間。

 

ドアとクォーターのセッティングが経年劣化により狭くなっております。

特に剛性の良くない車は長い事走っているとボディーの相互関係に不具合が出てきます。バンパーとフェンダーの隙間や各部ボルトオンの部品のズレ。バンパーのズレはリテーナーの劣化で前と後ろにかなり隙間の違い等お見受けいたします。

 

コレ人間で言えば骨の変形と同じなので仕方がありません。

ドアはヒンジやロックの磨耗でだんだんとズレが生じて来ます。

 

ロックやヒンジのがたは見受けられませんので、今回はコチラのダクトを切削加工、パテ埋めし、スムージングいたしますのでこの隙間も直してしまいます。

2016-11-26 16.34.31

 

そしてコーティング前、いつものゲルコートホヤホヤのフェンダー。

コチラでFRPでございます。

なかなか造りがよくすんなりと装着できたのが印象です。

2016-11-22 09.45.46

 

関係部品全部外し~~。

2016-11-26 16.58.42

 

MR-Sはリヤフェンダーもボルトオンで装着されております。

しかしフロントとは違いポンポンとは外れません。トップの一部分解、モールの着脱と少し手間がかかりますね。

 

FRPはみんな同じですが早く固定しないと反りや変形が生じて来ます。どんなに良いパーツでもやはり削った穴を大きくしたで帳尻合わせが必要になりますね。

これどんなエアロでも同じであります。

2016-11-29 13.38.46

 

何なくフィット。

2016-11-28 17.07.23

 

左も装着はすぐに出来ました。

そして隙間も良い感じです。ココにダクトを乗せるとやはりはみ出てしまいますのでそちらは後で切削加工いたします。

2016-11-29 13.38.54

 

右側が着いた所で今回の大目玉カスタム。ダクトの装着スムージングであります。

問題(笑)のエントツ。

2016-11-22 09.46.02

 

オーナー様のご希望でこの2本のプレスを削り落とし丸く滑らかにいたします。

2016-11-22 09.46.08

 

削り込みによる穴あき防止のために裏に一工夫してあります。

 

そして削っていくとこの様に。

2016-11-24 16.43.12

 

良い感じじゃないですか。

2016-11-28 09.34.08

 

しかしココに着けるのにどうしたら?と言う問題が出てきます。

形から言うと全く互換性ありません(笑

 

水と油のような形です。

2016-11-28 08.55.12

 

2016-11-28 08.55.00

 

純正のフェンダーに戻して位置決め。

とりあえずフランジ部を切り落としてみました。

2016-11-28 11.25.52

 

もう一度外し。ホンちゃんでいきましょうね。

ささっと書いてますがイメージ造りにどれだけ脱着を繰り返した事でしょう(笑

2016-11-28 15.39.38

 

FRPに戻しいよいよ装着です。

 

その前に治具造り。

本体のフランジは真っ直ぐで役に立たないので穴の位置や装着部の確認のために仮のリングなんか作ったりします。

2016-11-28 09.33.37

 

こんなの出来ちゃいました。コレをガイドにしていくんです。

2016-11-29 16.41.39

 

おおむねの位置が決まったら更に本体を切削。

2016-11-29 16.55.11

 

もう一つの目玉カスタム吸気口までホースをもっいてくプロジェクト。

ホースを一度つけてイメージ。

 

取り接や設計図がありませんので全て頭でイメージしていかなければいけません。

しかしこのホースは無理があるな~~(笑

2016-11-30 08.59.25

 

現車で確認。

お持ちになったパイプじゃチト太すぎますね、と、、。

コチラできる限り加工していきたいと思うのですが、、、

 

さっきのガイドを使いバランス見ながら穴を空けて行くんですがこの大きさがもう限界と判明しました。

コチラ後で考えるとしてダクトの装着を進めます。

2016-11-30 10.55.18

 

仮止め。

 

仮止めって、、、もうほとんど原型を留めておりませんです。

2016-11-30 11.06.48

 

まず気をつけなきゃいけないのが、車体からのはみ出し。

これクリヤーしないと車検の時に大変な事になります。

 

なので装着時にゲージ当てながら出っ張り具合の位置決め。先ほどのリングで前後と穴の大きさの位置決めですね。

 

かなりもぐり込んでいるのがお分かりでしょうか?

2016-11-30 16.09.25

 

掘り込みを入れる大きさ検討中。

溝がかなり前の方にずれ込まないと範囲内に引っ込みそうもありませんです。

2016-11-30 16.10.36

 

こうなります。

2016-12-01 15.43.03

 

自分で言うのもなんですが、見事にボディーの流れとマッチしました。

2016-12-01 15.43.10

 

YY

 

レジンで固めていきます。

2016-12-01 16.12.08

 

決まったら迷うことなく剛着。

FRPと格闘中、、、しかし手が汚い(笑

2016-12-01 17.08.40

 

一旦ホースを取り付けてみるも、やはりこのホースじゃ持たない&収まらないことが判明

100パイ系は限界ですね~~、、

やはりパイプは系を小さくしないとダメです。

 

コチラは一から段取りしなおしです。

最低でも75パイ位の系でないと収まらないのでそちらは並行して発注します。

 

中がどうなるか熟知いたしましたので先に進めます。

まずは後ろのなくなってしまった部分の製作。

2016-12-02 08.59.14

 

クレイで

2016-12-02 09.58.38

 

ざく削り。

2016-12-03 14.06.52

 

中削り。

2016-12-03 16.04.08

 

仕上げ削り。

を~~~っ!すげ~良い形。

思ったとおりの形になりました。

 

オーナー様に確認して頂きFRPで製作していきます。

2016-12-03 16.42.14

 

メス型製作中。

2016-12-05 11.38.10

 

メスからオス製作。

手前がメス型で向うがオス型です。

 

コチラ要らない部分切り落とし装着していきます。

2016-12-05 15.53.46

 

理想の形ですね~~。

まだ殴り塗りですので、この後更に研磨&コーティングへと進みます。

2016-12-08 17.01.47

 

2016-12-08 17.01.58

 

ココでホースも到着。75パイのホースに変更。

ドンピシャリです。

 

SS

 

サイドのダクトのパテ埋めに移ります。

2016-11-28 10.44.40

 

装着するとこんなに出っ張っているんですね。

この部分は何の躊躇もなく切削。

2016-11-28 16.06.11

 

FRPレジンとスーパーボンドで固着。

もう二度と取れません。

2016-12-01 08.02.45

 

2016-11-30 16.53.24

 

インナーの加工も同時進行。じ実はこのグレード右のパネルが着いていないんですよ。

前期後期があるようで取り寄せ新品着けました。

2016-12-05 15.24.07

 

ボディー側。ダクトの裏側とピタリと着きますので、空気の流れはバツグン、かなりの冷却効果が期待されます。

2016-12-06 10.35.18

 

 

ダクトパテ埋め後コーティング。

一度取り付けて調子を見る。

2016-12-01 11.40.40

 

ドアとの隙間もバッチリになりました。

2016-12-01 11.40.46

 

左フェンダー(ダクト側)も最後のコートです。

2016-12-12 17.04.38

 

そしてペイントへと進みます。

 

2016-12-16 17.26.51

 

ココにグリルが入るのです。

2016-12-16 17.16.00

 

取り付け~~。

いよいよ組み上げるんですけどすごく緊張します。

2016-12-17 09.02.24

 

ホースもダクトも完璧よ。

取り入れ口インナーはワンオフで製作しました。

2016-12-17 09.01.45

 

装着。

その前にリッドも装着。

2016-12-17 09.02.46

 

完成であります。

2016-12-17 14.54.24

 

グリルもバッチリ。

2016-12-22 17.11.58

 

ホースボディー再サイドは申し合わせたかのような一体感。

コチラもかなりの吸気が期待されます。

2016-12-17 13.18.24

 

かなり出ましたけど、、、

2016-12-24 08.19.14

 

ギリギリでボディー内に収まっております。

2016-12-24 08.19.25

 

フロントから、、。

2016-12-24 08.18.21

 

お気をつけて、、、

2016-12-24 09.39.09